3世代子連れシンガポール旅行記【2020年最新版】チャンギ国際空港JEWELの子供向けアトラクション「キャノピーパーク」アクセス・営業時間・チケット料金

キャノピーパーク

キャノピーパーク(公式サイト)

チャンギ国際空港隣接の新複合施設「JEWEL」にある、室内庭園。大人も子供も楽しめるアトラクションが集結したプレイスポットです!

2019年6月にオープンしたばかりとあってかなり綺麗!

シンガポール旅行中、雨が降って来た〜なんて時や、旅行最終日の飛行機に乗るまで少し時間があるよ〜なんて時におすすめのスポットです!!

アクセス

JEWELの5階にあります。

各ターミナルからのJEWELへのアクセスは、こちらの記事をご覧ください↓

子連れシンガポール旅行記【2020年最新版】チャンギ国際空港『JEWEL』アクセス・営業時間・名物の滝「HSBCレインボルテックス」

2020年1月23日

営業時間

【日~木 】10:00~24:00

【金土祝前日】10:00~25:00

注意
迷路、ミラー迷路、スカイネット・ウォーキング、スカイネット・バウンシングは10:00~22:00まで。

料金

入場料は5SGDですが、それぞれのアトラクションはさらにお金がかかります。

シンガポール在住者
シンガポール在住者の方や、チャンギリワード会員の方は割引がありますが、ここではビジター向けの料金のみ紹介しますね。

それぞれのアトラクションの料金はこちら↓

アトラクションの料金

子供は3~12才、シニアは60才以上です。

お得なパック料金もあります↓

パック料金

ちっち家族は一番左の、パッケージ1を購入しましたよ!

チケット売り場はこちら↓

チケット売り場

平日だからなのか、ガラガラでした。

券売機もありますよ!シンガポールの券売機はほとんどクレジットカード対応です。急成長する国はやっぱりスピード感が違いますよね。

自動券売機

以下の4つのアトラクション(と言うほどでもないけど)は入場料の5SGDに含まれています↓

①ディスカバリースライド

110cm以上、身長140cm以下は大人の付き添いが必要です。

4つくらい、滑り台があるのですが、どれも急斜面で、ビビリな娘は滑りませんでした!!笑

これならなんとか滑れそう!と息子だけ滑りましたが、このポーズで滑る必要があります↓

ディスカバリースライド

こちらは、寝袋のような袋に入って、ヘルメット着用で滑るスライダー↓

スライダー

宙ぶらりんになっている、待機時間が怖すぎますよね・・・笑

スタッフの方が至る所でサポートしてくれています。

海外のパパさんも、心配そうにお子様が降りてくるのを待っていました。

②フォギーボウル

地面からミストが出ているエリア。

こんなに空いているなんてラッキー!!と思って子供達が駆け寄ると、ミストが止まった・・・笑

フォギーボウル

このあたりで、自動でお水を販売するマシンと遭遇!シンガポールすごい!!

③ペタルガーデン

世界各国の季節の花が見ることができるガーデン。

ですが、ちっち家族は完全にするーしてしまったようで、写真もありません。笑

④トピアリーウォーク

お花で作られた様々な動物を見ることができます。

ここは全ての動物で写真を撮ってしまうので、時間がかかります。

前回の旅行中、マーライオンパークでもやりましたが、お水キャッチや↓

トピアリーパーク

ワニさんに食べられちゃう〜!!とか↓

トピアリーパーク

ここは日光か!?という写真を撮ることだってできますよ↓

トピアリーパーク

ここからは、有料のアトラクションの紹介です。以下のアトラクションのチケットには、上で紹介したキャノピーパーク①〜④の料金も含まれます。

ヘッジメイズ(迷路) 大人12SGD 子供・シニア8SGD

生垣でできた迷路。アリスになった気分で楽しめます。

110cm以上、身長140cm以下は大人の付き添いが必要です。

ヘッジメイズ

あっちだ、こっちだと相談しながら進む子供達。

前を通るとお花がポンポン咲き始める面白い道もありました。

ゴール付近は、迷路全体を見渡せる高台になっていて、スタッフの方が家族写真を撮ってくれました。

ミラーメイズ(ミラー迷路) 大人15SGD 子供・シニア10SGD

110cm以上、身長140cm以下は大人の付き添いが必要です。

とにかく、「走らないでね〜」と何度も説明されます。危ないですからね。

スポンジ状の棒で、ミラーじゃないか確認しながら少しずつ進みます。

ミラーメイズ

この迷路、かなり難易度が高い!!と言うか、ゴールがあるかと思い込んで20分近く迷っていましたが、飽きたら出てきていいスタイルだったみたい。。

迷路内で何度も会う家族とかいて、面白かったですけどね。

ちっちはちょっと、酔いました・・・笑

スカイネット・ウォーキング 大人15SGD子供・シニア10SGD

サンダルの方は、専用のシューズを無料で貸してくれます。

スタート地点には戻って来ないので、自分の靴はこのバックに入れてゴールに向かいます。

スカイネット

いざ、スタート!!子供達、勢いよく登って行きます!!待って〜!

スカイネット

このネット、前半は良かったのですが、後半が怖かった!

スカイネットと言うだけあって、下がJEWELのショッピングエリアまで丸見えなんです!!みんな、急に足がすくんで来ました。

娘も下を見て、動けなくなってしまいました。高所恐怖症のパパが、一度息子をゴールに送り届けてから、娘を迎えにきましたよ。

ちっちは特に高所恐怖症ではないのですが、ビビっている娘を見てビビると言う軟弱ぶり。この家族、本当に弱いです。笑

混んでる日に元気な子が勢いよく走って揺れたら、マジでヤバイと思います!!笑

一応最初の説明で、飛んだり跳ねたりしないでね〜と言われますが。

スカイネット・バウンシング 22SGD子供・シニア16SGD

110cm以上、身長140cm以下は大人の付き添いが必要です。

先ほど紹介したスカイネット・ウォーキングとは異なり、こちらは飛んだり跳ねたりできます。10分間の安全説明込で、60分利用できます。

こちらは、ちっち家族の購入したチケットには料金が含まれていないので利用しませんでしたが、時間に余裕がある場合は是非。

キャノピーブリッジ(8SGD)

地上23mの高さのガラス張りの床をもつ橋。

HSBCレインボーテックス(滝)を一番近くから見ることができるようなのですが、今回は滝と同様、メンテナンス中でした。

まとめ

いかがでしたか?

110cm以下の小さいお子様連れの方は、キャノピーパークの入場料のみでフォギーボウルや、トピアリーウォークをお散歩するの程度で十分かな。

迷路やネットは難易度が高いので、大人でも楽しめますよ♡

ちっち家族は平日の朝10:00ごろ伺いましたが、ガラガラでしたよ!(休日はタイミングによっては、チケット売り場から長蛇の列ができるそうです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ちっち

こんにちは! 都内在住、地方出身の2児ママです。 趣味は食べ歩きで、ハワイが大好き! 大好きな東京のグルメを中心に、 子連れ海外旅行についても紹介します。 パソコン超初心者なので、至らぬ点も多いかと思いますが、よろしくお願いします。