【豊洲新市場】江戸前場下町で和朝食!『つきぢ神楽寿司豊洲場外店』営業時間・アクセス・メニュー

つきぢ神楽寿司

つきぢ神楽寿司(公式サイト)

2018年に築地から豊洲に移転してできた「豊洲市場」。

その場外に2020年1月24日にできた商業施設「江戸前場下町」(公式サイト)にあるお寿司やさん。

江戸前場下町

本店は築地で、築地に3店舗、豊洲に2店舗あります。

赤酢のシャリを使った、まさに「江戸前」なお寿司を、

朝から気楽に食べることのできるお店です。

アクセス

【住所】東京都江東区豊洲6-3-12

【アクセス】

市場前駅

ゆりかもめ「市場前」駅から徒歩1分!

車の場合は、施設横の千客万来駐車場を利用できます(20分200円)

営業時間

9:00~18:00(L.O.17:30)

日曜・祝日・豊洲市場休業日はお休み

お店の雰囲気

豊洲の「江戸前場下町」にはお寿司やさんが3つあるのですが、

(海鮮丼のお店も1店舗あります)

どちらもとってもこぢんまりとしています。

こちらもカウンター席3つと、テーブル席が2つのみ。

ちなみに隣の『鈴富』さんは立ち食いスタイルでした。

鈴富

メニュー

メニュー

追加メニューがあるのが嬉しい!!

メニュー
メニュー
メニュー

お店の壁にもメニューが。

おまかせ握りのセットもありました。

メニュー

鮪ミックス(2500円)に、のど黒(770円)追加

鮪ミックス

市場から仕入れたばかりの新鮮な素材を使った、

美しすぎるお寿司♡

シャリはここでしか味わえない、

山形産「ひとめぼれ」、5年物の自家製赤酢で作った「赤シャリ」。

まろやかな酸味が素材の旨味を引き立たせます。

赤シャリの風味を損なわないように、塩分を抑えた醤油を提供しています。

厳選炙り寿司(2750円)

金目鯛、のど黒、大トロ、サーモンの炙り、穴子、光物の炙り。

直火で炙り、天然岩塩とレモンで味付けしています。

生魚が不得意な夫も、美味しくて感激していました。

セットについてくるお味噌汁も美味しすぎました。

豊洲市場店

「江戸前場下町」から歩行者デッキ経由で徒歩3分ほどの管理施設棟に、豊洲市場店があります。

豊洲市場店

こちらは総席数20なので、「江戸前場下町」の店舗よりゆったりした作りになっています。

豊洲市場には39店舗もの飲食店がありますが、

コロナの影響もあってか平日朝はガラガラです。

朝からお寿司、天丼、とんかつが食べられる素敵な場所です。笑

早く賑わいを取り戻せますように!

江戸前場下町について

「江戸前場下町」は小規模な商業施設ですが、

気になるお店が沢山ありました!

よくSNSでも見かけるうどん屋さん『おにやんま』や、ラーメンの『ねいろ屋』などなど。

食べたいものがありすぎて、再訪確定です。

とりあえずお寿司の後は、目の前の『北斎茶房』であんみつ食べました。笑

あんみつ

テラス席も綺麗です。

お店のほとんどがテイクアウトに対応しているので、

涼しくなってきたらこちらもオススメですよ。

まとめ

いかがでしたか?

都内で朝食となると、

どうしてもパンやパンケーキばかりになってしまいますが、

今日はどうしても和食が食べたかったので豊洲に行ってしまいました。(築地と迷ったのですが・・・)

想像以上に大満足の朝ごはんになりました!

豊洲市場に行く前は、こちらのHPで飲食店の営業時間や、休開市日をチェックして行くことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ちっち

こんにちは! 都内在住、地方出身の2児ママです。 趣味は食べ歩きで、ハワイが大好き! 大好きな東京のグルメを中心に、 子連れ海外旅行についても紹介します。 パソコン超初心者なので、至らぬ点も多いかと思いますが、よろしくお願いします。