【マンダリンオリエンタル東京】天空バー『マンダリンバー』アクセス・予約方法・ドレスコード・メニュー・ランチ紹介

濃厚なマンゴーカクテル

(この記事は2019年6月に書いたものです。後日追記した内容もあります)

マンダリンバー

マンダリンバー(公式サイト)

日本橋にある5つ星ラグジュアリーホテル「マンダリンオリエンタル東京」37階にある、天空のバー。

スタイリッシュを通り越して、スーパースタイリッシュ!笑

夜はジャズの生演奏を聴きながら、四季折々のカクテルや希少な銘柄のウイスキーなどを楽しむことができます。

また、館内3つのレストランがミシュランの星に輝く「マンダリンオリエンタル東京」ならではの、フードメニューを味わうことができます。

大人の待ち合わせ場所としてこれ以上なく最高級でスタイリッシュなバー。特別な日のデートや、大切な接待の待ち合わせに最適です。

バーとしての利用だけでなく、ランチやカフェ、ディナーとしても利用することができます。

アクセス

【住所】東京都中央区日本橋室町2-1-1 マンダリンオリエンタル東京

マンダリンオリエンタル東京
夜のマンダリンオリエンタル東京

「マンダリンオリエンタル東京」は「日本橋三井タワー」の中にあるので、まずは中央通りに面したエントランスから入ったら、突き当たりのこちらの入り口へ。

ホテル入り口
日本橋三井タワー内にあるホテル入り口

エレベーターで37階へ。奥に見えるのが『マンダリンバー』です。

37階
奥に見えるのがマンダリンバー

こちらの『マンダリンバー』、モダンフレンチ『シグネチャー』と、広東料理『センス』というマンダリンオリエンタル東京を代表するメインダイニングに挟まれています。両店とも、ミシュラン獲得店です。

営業時間

毎日11:30~翌日1:00(L.O.24:30)

一押し
月〜土は夕方、ジャズの生演奏も楽しめます。
注意
20歳未満は11:30~17:00まで利用可。

予約

レストラン予約サイト「一休」でも予約出来ますが、予約なしでも利用できます。

ちっち夫婦は記念日ディナーなどの前に利用することが多いのですが、いつも予約なしでもすんなりと入店できます。

ドレスコード

スマートカジュアル

海外のお客様の中には、ポロシャツにチノパンみたいにラフな格好の方もいらっしゃいました。

お店の雰囲気

シックな雰囲気は「非日常」そのもの。

マンダリンバー店内

日本建築の美学をスタイリッシュに表現した店内では、時間を忘れて、幻想的な雰囲気に浸ることができます。

メインカウンターのお昼の雰囲気はこんな感じ。

ウォーターエリアに囲まれた、ソファー席は特別感があります↓

写真ではわからないかも知れませんが、空気の澄んでいる冬はくっきり富士山を見ることもできますよ。

水に囲まれた席

窓際のこちらのソファー席も、ビジネスシーンに利用されている方もいらっしゃいました。後ろの壁は滝のようになっていて、優しい水の音を聴きながら食事を楽しむことができます。

38階のホテルロビーまでの吹き抜けにあしらった大きな窓からは、東京の絶景を眺めることもできます。

37階からの眺め

お店の中央に置かれたグランドピアノが存在感があります。奥の階段で、38階のロビー階に行くこともできます。

店内の様子

別アングルの写真はこちら。ピアノの周りにも、座席がいくつか用意されています。

店内の様子

『シグネチャー』脇にあるソファー席は、広々としていてグループに最適。

店内

ランチの時間帯は、光が差し込み明るい雰囲気ですが、夜はぐっと照明を抑えて大人な雰囲気になります。

メニュー

国内外のカクテルコンテストで優勝・受賞歴をもつバーマネージャー栗原幸代さんのインスピレーションの詰まったカクテル30種以上のオリジナルカクテルが楽しむことができます。

季節限定のカクテルもあります。桜の季節には、「桜尾ジン」を使用した春らしいカクテルが用意されていました。

春に伺った際の限定メニュー
春限定の「桜尾ジン」を使用したカクテルメニュー

ちっちは「厳島」(2600円)と言うカクテルを頼みましたが、見た目もさることながら、味が素晴らしい。上品な甘みと、桜塩の塩っぱさが絶妙にマッチした大人のカクテル。

「厳島」と言うカクテル
「厳島」と言うカクテル。縁に桜塩。

バーテンダーさんの動きもしなやかで、ここまでくるとエンターテイナー。特に奇抜なことをせずとも、ただカクテルを作っているだけで、ついつい、うっとりと眺めてしまいます。

お通し?と言っていいのか、オリーブと柿の種を高級にした感じのもの(笑)がつきます。

夫はいつも一杯目に生ビールを頼みますが、こんなに色々なお酒があるのになんだか勿体無い〜と思ってしまう。笑

お通し

後日、ソファー席に案内された日は、運悪く期間限定のカクテルがない日だったのですが(伺った次の日から期間限定のカクテルが出される日だった)、特別にマンゴーを使ったカクテルを作って頂きました。

濃厚なマンゴーカクテル
大好きなトリュフ風味のフライドポテトと一緒に♡

二杯目はこちら↓

マンダリンモヒート

右は「マンダリンモヒート」(2,300円)

左はマンダリンオリエンタル東京限定の「マンチーノ桜&すみれ」(2,500円)

マンチーノは、全然写真映えはしないのですが(笑)味は驚くほど美味しかったです!

写真はありませんが、秘密の地下牢のようなワインセラーには5000本以上のワインが眠っていて、40種類以上のウイスキーも揃えられています。

フードメニュー

ミシュランレストランが館内に3つもある『マンダリンオリエンタル東京』ならではのフードメニュー。

フードメニュー
ミシュラン広東料理『センス』の北京ダックも注文できます。
フードメニュー
フードメニュー
クラシックチーズバーガーも人気メニューのようです。

フードメニューの中で一番のオススメはこちら↓

フライドポテトトリュフ風味
トリュフ風味のフライドポテトトリュフマヨネーズ

先ほども写真にありましたがこちらの「トリュフ風味のフライドポテトトリュフマヨネーズ」(1,400円)です。

これが、ほんとーに美味しい!

トリュフ風味と書いてあってもそうでもないことが多いですが、トリュフマヨネーズの風味がすごかったんです!スライスされたトリュフそのものよりも、トリュフの風味を感じるんです!!

未開封の容器に入ったケチャップも付いていますが、不要でしたね。笑

それほど、トリュフマヨが最強でした。

ちっち夫婦は、同フロアにあるミシュランフレンチ『シグネチャー』や、広東料理『センス』での食事の前にバーを利用するため、この後コースメニューを食べるとわかっていても 止められない止まらない状態!笑

毎回、「トリュフマヨ、お代わりできないかなー」と言っています。。

お得なランチを「一休」で

お酒は飲めないけど、『マンダリンバー』の素敵な雰囲気を味わいたい方や、ゆったりと大人な雰囲気の中でランチやカフェを楽しみたい方にはこちらがオススメ↓

レストラン予約サイト「一休」で、お得なランチが予約できるんです。

こちらのメニューの中からお好みでオーダーできます。

メニュー

プラス500円でコーヒーまたは紅茶、さらにプラス500円でドリンクのフリーフローがつきます。

ちっちは「マンダリンオリエンタル東京特製ビーフカレー」と迷いましたが、「山梨県中村農園の卵を使った親子丼」にしてみました。

親子丼

バーで食べる親子丼、、、新感覚でした。

夫はこちら、「クラシックチーズバーガー」。トッピングはコンテチーズ、アボカド、ポテトで。

バーガー

一口もらいましたが、お肉がすっごく美味しかったです!!

ポテトはトリュフマヨではなく、普通のケチャップとマスタードでした。当然か。笑

コーヒーと紅茶

アイスコーヒーとアイスコーヒーも、いつもより美味しく感じる素敵な空間でしたよ。

まとめ

いかがでしたか?

なんだか、トリュフフライドポテトに熱が入りすぎてしまった感がありますが・・・笑

大人の街、日本橋にあるラグジュアリーでスタイリッシュな大人のバーです。是非、大切な日の待ち合わせや、お食事後のもう一杯に使ってみてください。

余談ですが、38階ホテルロビーにあるトイレも、「天空のラグジュアリートイレ」なので、マンダリンオリエンタル東京に行かれる際は、是非寄ってみてください。(バーに併設されたトイレも清潔ですが、景色がいいのはロビーのトイレです!)

38階ロビーにあるトイレ
スカイツリーも見ることができます。

日本橋にあるラグジュアリーホテル『マンダリンオリエンタル東京』は、まだまだ見所がいっぱい!こちらの記事も宜しければご覧ください↓

シグネチャー

プロポーズ・記念日にオススメ【マンダリンオリエンタル東京@日本橋】ミシュランフレンチ『シグネチャー』アクセス・予約方法・ドレスコード・メニュー

2019年5月22日
KUMO

【東京スイーツ】日本橋の5つ星ホテルの雲ケーキ「KUMO」値段・予約方法・味は?『グルメショップbyマンダリンオリエンタル東京』

2019年6月7日
スパスイート

モノより癒しの誕生日プレゼント!ラグジュアリー天空スパで贅沢時間【ザ・スパ・アット・マンダリンオリエンタル東京】アクセス・予約方法・メニュー・体験レポ

2019年8月15日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ちっち

こんにちは! 都内在住、地方出身の2児ママです。 趣味は食べ歩きで、ハワイが大好き! 大好きな東京のグルメを中心に、 子連れ海外旅行についても紹介します。 パソコン超初心者なので、至らぬ点も多いかと思いますが、よろしくお願いします。